なんとなくアタラクシア

平穏でなんでもない毎日の記録

ときどき意味もなくずんずん歩く/宮田珠己【本紹介】

今日も黙々と勉強していただけで、特に日記に書くほどのこともなかった。
 
なので、好きな本を紹介する。
 
 

ときどき意味もなくずんずん歩く/宮田珠己

私の中に、「旅行先でピンと来た本は面白い率が高い」という法則がある。

 

新幹線待ちの駅の小さい書店でたまたま目についた本、観光中に入った古書店でたまたま手に取った本、こういう偶然出会った本は何かしらの運命に導かれて私の元に来たとしか思えないほど、面白いのである。私は運命とかスピリチュアルとか、そういう類は基本的に信じていないが、でもやっぱり「ピン」と来た本は面白いし、それが旅行先なら尚更だ。

 

(逆に、何となく流行ってるから読む本は面白くないともいえる。)

 

そして、その「旅行先でピン」本の中でも一番面白かったのが、「ときどき意味もなくずんずん歩く」である。

 
 
これは関西国際空港のTSUTAYAで「ピン」ときた本だ。どこかに一人旅するときの出発前だった記憶がある。
 
当時は著者のことも、この本のことも全く知らなかったが、旅行や鉄道に関するエッセイコーナーが特設されていて、そこで何となく目について、この何とも言えないタイトルに惹かれて購入してみた。
 
これがめちゃめちゃ面白かった。interesting(興味深い)ではなくて、完全にゲラゲラ笑う方の面白いである。LCCの狭い座席で読んで、笑いがこみあげてぴくぴくしていた。完全にあぶない奴である。隣の席の人すみませんでした。
 
 

どんな本?

ざっくりいうと、「大企業に入ったのに旅行がしたいがために辞めた人の、面白おかしい日常エッセイ」である。

 

著者の宮田氏は、バリバリの関西人。テンポよくつらつらと綴られる文章の中に、容赦ない関西弁のツッコミが冴えわたっている。

 

軽快な文章でつづられるのは、大半は旅行エッセイ。ひたすらジェットコースターに乗る旅をしたり、大きい大仏を巡回したり、ウミウシだけを見にシュノーケルをしたり、独特な切り口のエッセイが多い。

 

 

 

今回の記事で紹介している「ときどき意味もなくずんずん歩く」は、旅行以外のエッセイがまとめられているもの。

 

私は「世界を面白く捉える世界観を持っている人」が大好きなんだけれど、宮田氏はその筆頭。この世界観で人生生きていけたら面白そうだなぁ、と、ゲラゲラ笑いながら尊敬すらしている。説明しろと言われるととても難しいので、ぜひお手に取って読んでもらえたらと思う。

 

特に好きなのは「スチュワーデス=ゾウガメ理論」。

飛行機が苦手すぎる宮田氏が、ジェットコースターに乗りたいがために編み出した理論である。タイトルのつけ方が秀逸すぎる。こういう言葉遊び(宮田氏は遊んでいないかもしれないが)が出来る人になりたい。

 

 

まとめ

特に深く考えずに楽しく読める、最高のエンターテイメントの本だと思っている。

 

くすくす笑っても大丈夫な場所で読んでください。

 

 

◆◇◆日本ブログ村◆◇◆

一人暮らし

【悩み中】サーチコンソールにドメイン変更前のページが登録されます

 

文章を書くのは好きだけど、ネットワーク関係の知識がないのでブログの悩みは尽きない。

 

初心者の頃の悩み事を書き残しておけば、後で役に立つかもしれないと誰かが言っていたので、全然解決してないけど書いておく。

 

Google Search Consoleで前のサイトが正規ページとして採用される

 

当ブログは5月に開設、8月に独自ドメインに移行した。

 

a-ataraxia.com

proにしてキーワードリンクがなくなって、表示が綺麗でとっても嬉しいんだけれど、過去記事リンクを貼りなおしたり、なんだかんだやっぱり大変だった。

 

proにするなら絶対早い方がいい。ほんとに。

 

そして、移行前からGoogle Search Console(以下サチコ)には登録しており、 公式ページを参照しながらドメイン移行の設定をした(つもりである)

アドレス変更ツール - Search Console ヘルプ

 

 

しかし、設定してから1か月、未だにエラーが大量に出る。

 

 

このうち、「重複しています。~~~」のURLの詳細を見たが、すべて独自ドメイン化する前の「~~~.hatenadiary」のURLだった。

 

調べてみたが、googleさんが「同じページが2つあるなぁ。こっち(前のサイト)の方が本物だな!」と評価しているらしい。違うで。

 

有用性が高い方が正規ページ

で、この本物(正規ページ)をどうやって認定しているかは企業秘密らしい。ただ、コンテンツの有用性が高い方が認定されやすいとのこと。

 

コンテンツの有用性は、まずは内容の充実度で判断される。

しかし、新旧で記事本文は変わっていない。

 

被リンクアドレス?

もう一つ考えられるのが、被リンク。

被リンクが多い方が有用なページと判断されるらしい。

 

私の場合はtwitter、ブログ村、過去記事へのリンクを記事内に書く、程度しか被リンクがなかったが、これらをすべて修正(あるいは削除)した。

 

めちゃくちゃめんどくさかった。

独自ドメイン化は早いに越したことはない。(2回目)

 

 

元のページを消す?

解説ページを色々見たけれど、前のページを消すとか、前のページをインデックス登録しないようにする、とかの対処法が書いてあった。

 

はてな無料から有料にして独自ドメイン化したら、元のURLの記事は消えたのでは?リダイレクト設定されている間は、元の記事も(正規ページと判断される内容を含んで)存在している?

 

この辺が不明。

 

 

時間が解決してくれる?

インデックス未登録のものはそうかもしれんが、重複ページは本当に大丈夫なのか?

 

 

 

悩み中です

解決法は未だ分からず。

 

解決した折には、過去の私に向けて解決方法を書きます。多分。

 

 

 

◆◇◆日本ブログ村◆◇◆

一人暮らし

和紅茶がとても美味しい

紅茶が好きだ。

 

お酒はまったく飲めないし、ジュースを飲む習慣もなかったし、コーヒーも飲まなかったので、気づいたらずっと紅茶ばっかり飲んでいる。

 

ある時期に紅茶を極めようと思って、少しだけ勉強したこともある。カレルチャペックという可愛い紅茶ブランドがあって、本も出していたので読んだ。

 

 

イラストレーターの社長さんが、紅茶が好きすぎて自分で買い付けに行ってまで運営しているブランドである。そして社長・山田詩子さんはその辺のイラストレーターではなくて、集英社文庫のマスコットを描いていたレベルの超大物イラストレーターである。(数年前までのハチ。今は猫に変わってしまった)好きな物を追いかけている人のパワーはすごい。

 

 

とにかく紅茶が好きで色々飲んだんだけれど、結局はストレートティーに落ち着いている。ダージリンのような豪華なやつでなくて、さっくり飲める方がいい。「ブレックファースト」とかいう名前で売られているものは、個人的に好きなものが多い。

 

 

ところで、紅茶はインドやスリランカでしか取れないと思っていたが、日本でも取れるということをつい数年前に知った。鹿児島の知覧(お茶の名産地)に行ったときに、「和紅茶」という名前でお店に並んでいる。

 

ものは試しと思って買ってみたが、これがもうめちゃくちゃ美味しいのである。

 

決して派手で華々しい味ではないんだけど、毎日ちょっとの幸せを届けてくれる「ちょうどいい」味なのである。「たまにケーキと一緒に飲んで美味しい」ではなくて、「食後の一服にちょうどいい」なのである。

 

それ以来、旅行先で和紅茶を見つけては飲んでいて、一回も外れたことがない。

 

 

在庫が切れたので、楽天で適当に100パック1000円のものを買ってみた。これがまた美味しい。

 

 
100パックだから12月まで持つわ~、と思っていたんだけれど、飲み過ぎて1日2パック使っているから持たない。また買おう。
 

 

◆◇◆日本ブログ村◆◇◆

一人暮らし

久しぶりのただの日記

 

ここ最近、気合入れて旅ログとか書いていたので、今日はゆるく書く。

 

おはよう、カレー

8月中旬にコロナになった時、役所から食料の配給をいただいた。また、近くに住む友人からも差し入れをいただいた。

 

とても有難い事で感謝100%である。ありがとうございますと心の底から思っている。だからこれから書く事は苦情でも文句でもなくてただの事実である訳だけれど、喉を痛めているのでカレーが大量に余った。

 

 

カレーとピリ辛スープ(レトルト)で段ボール一箱びっしり残っている。我がワンルームのキッチンは狭いので、寝室兼リビングの部屋の一角にカレーが詰まった段ボールが鎮座している。目が覚めるたびにカレーが目に入る状況だが、そんなにカレーを見ていると食べる気がしない。いつまでもカレーが我が物顔で居座っているまま一ヵ月が経過した。

 

そしてこうやって記事にして、大量の「カレー」という文字を打ち込んだことで、彼らが消費される日がまた遠のいたような気がする。

 

スパイスカレー作るぐらいにはカレー好きなんだけど、しばらくはいいかな…。

 

 

◆◇◆日本ブログ村◆◇◆

一人暮らし

マキノ高原キャンプ場と赤坂山登山【関西・公共交通機関】

 

はてなブログの今週のお題が「キャンプ」だった。

 

キャンプの思い出はいくつかあるけれど、その中でも特別な「初めてのMYテントでのキャンプ」について書こうと思う。

 

 

マキノ高原キャンプ場と赤坂山登山

DAY1 赤坂山登山

始発で大阪からJR湖西線に乗り込み、滋賀県のマキノ駅へ。湖西線の西には比良山脈が走っているので、関西で登山をしていると湖西線にはよくお世話になる。

 

8:30頃にマキノ駅に到着し、友人と合流する。この友人も大阪方面から向かっているのでおそらく同じ電車に乗っているが、いつも現地集合である。気楽でいい。

 

マキノ駅からキャンプ場はタウンバスで10分ほど。訪問時は空いていたのでザックも気にせず持ちこめた。

 

9時前にはキャンプ場に到着。前日泊まった人たちが徐々に撤収をはじめている。マキノ高原キャンプ場は、関西でも屈指の高機能大型キャンプ場であり、よくインスタで見る感じのスノピのテント周りを綺麗に飾りつけたようなサイトがいっぱいあった。

 

チェックインは昼以降なので、とりあえず赤坂山に登る。

 

 

キャンプ場の中にある登山口から登山開始。

 

この登山は、テント泊装備一式を手に入れたのでその試し、という部分が大きかった。本来は山から山へ縦走するためにテント泊をするのが一般的だが、まずは登山装備を背負って登ってみて、麓でキャンプして次の日はそのまま帰る、という予定である。

 

なので、この時の荷物は、これまでの登山の中で一番重くなっていた。ちょっとビビって、普段は持っていくミラーレス一眼を置いていったところ、友人に「何のための登山なんだ」と怒られた。登山のための登山だよ・・・。

 

友人が撮ってくれた私(一応ぼかし加工)

 

すすきの時期である。そして雨女の気配がうかがえる曇り空である。

 

コースタイムは1時間半ぐらいのルート。いつもこの友人と行くと0.7倍ぐらいのハイペースになって私は必死でついていくが、この時はほぼコースタイムで登っている。確か少し前に台風が来た時期で、木製の階段が崩落したような岩場を登った覚えがある。

 

 

マキノ高原は涼しかった覚えがあるが、標高は200m程度しかないらしい。

 

 

 

夜 念願のMYテント

登山が終わりチェックイン。

 

確か予約時は高原サイトにしていたが、現地を見たら林間サイトの方がよさげだった。空いていたので変更できないか聞いてみると、快くOKしていただいた。

 

なお、この旅行は数年前のものだが、当時はHPに公共交通機関でのソロキャンプの料金記載がなく、電話で問い合わせた覚えがある。今HPを見たら記載されていたので、利用者が増えたんだろうか。

 

モンベルのステラリッジ2型。おそらく登山界で一番有名なテントと思われる。何かしらのトラブルが起こった時に、検索すれば対処法が出てきそうなので選んだ。あと安い。

 

数年前にフライシート(外の布部分)の作りが変わったらしく、より使いやすくなったとのこと。前のものを使ったことがないから分からないが、特に困ることなく10分もあればテント設営が終わる。

 

 

天井にランタンを吊るす。このランタンは折り畳みが出来るソーラー式のもので、めちゃくちゃ軽い。私のものはスモールサイズで、57gである。570ではなくて57である。どういうこと。

 

 

きちんと充電しておけば、一泊ぐらいは余裕で持つし、ソロテントなら充分な明るさ。家で寝る前に本を読むときに使ったりもしている。

 

ただ、スモールは太陽光でしか充電できないという大きなデメリットがあるので、雨続きの後に使う時は不安は残るかな。普通サイズならUSB充電も出来るので、次買うならそっちにするかも。

 

 

なんかぐちゃぐちゃなテントの中の写真が出てきたので供養しておく。

 

次の日が雨予報だったので、念のためビニール袋に全部入れていたんだと思うが、それにしても雑につっこんでいるので笑う。今はもうちょっと綺麗にテント内の整理が出来るようになったし、荷物のパッキングも上手くなった、はず。多分。

 

DAY2 案の定、雨。

この旅行記はここで写真が終わりである。なぜかというと、寝て起きたらまぁまぁの雨で、びしょびしょに濡れたテントを何とか詰め込んで、雨水で重くなった荷物をえっちらおっちら運んで帰ってきたからである。

 

初めてのテント泊から雨の撤収、なかなかハードルが高かった。濡れると綺麗に畳めないし、付属の袋に入らない。そして泥だらけである。

 

しかし、何事も経験であり、この時の学びは何度も役に立っている。つまり、テント泊するたびに高確率で雨が降っているということである。なんでやねん。

 

 

今回の旅行概要

公共交通機関

JR 大阪→マキノ駅 約2時間

バス マキノ駅→マキノ高原温泉さらさ 約10分

どちらも1時間に1本ほど

 

赤坂山登山

キャンプ場内 赤坂山登山口 → 粟柄越 →山頂 ピストン

 

キャンプ場 

入場料 300円

公共機関利用ソロ 1000円

温泉さらさ 700円

 

 

◆◇◆日本ブログ村◆◇◆

一人暮らし

「地元で公務員になって写真を続ける」道を選び、アラサーになった今

 

先日、こんなエントリーを読んだ。

yashio.hatenablog.com

 

このエントリーを要約すると以下。

 

・写真が大好きな高校生がマツコ・デラックスに将来について相談し、その返答が「地元で公務員になって写真を続ける」だった

・エントリー著者の意見は「とても誠実な回答と思う」

 

 

まさに今の自分のことだった。

 

いや、私はもうアラサーのいい大人なんだけど、「地元で公務員になって写真を続ける」道を進んだ高校生から、約10年経ったところに私はいる。

 

このブログではあまり取り上げていないが、私には大好きな大好きな趣味がある。登山や旅行やゲームは2番目の趣味であり、1番は間違いなくこれだ、と思えるものである。もはや趣味というより生きがいであり、人生の目標にその趣味関連の事を掲げている。

 

 

 

「地元で公務員になって写真を続ける」ことを決めた

私は公務員ではないが、それなりの大学を出て、かつ医療系の国家資格を持っている。大学卒業後は正職員としてそれなりにバリバリ働いていた。大好きな趣味は小学校、いや物心がつく前から好きだったが、高校生の時の将来の選択肢には入っていなかった。

 

何故かというと、とにかく親から独立したかったからである。

 

この記事の主題と逸れるので詳細については省くが、とにかく親から早く離れて自立したかったし、何かに挑戦して失敗して実家に帰るという選択肢をとることも許されないような家だった。

 

そのためには、確実に就職して自立できるだけの待遇が必要だったし、もし一社目がダメでも次を見つけられるスキルを得る必要があった。選択肢としては公務員か国家資格であり、働き方の選択肢が幅広い医療の仕事を選んだ。

 

 

「地元で公務員になって写真を続けた」10年

結果としては、よい選択をしたと思っている。

 

端的に言って、医療の仕事は待遇がいい。もちろん世間の高給取りには及ばないが、20代女性の平均給与よりは遥かに高い年収をいただいていた。苦学生時代と変わらない質素倹約をつづけながら奨学金を繰り上げ返済した。

 

その後、生活に余裕が出てきたところで、大好きだった趣味を専門的に学ぶスクールに入った。今まで長年独学でやってきて、それなりの技術は持っていると自負していたが、学べば学ぶだけ学びがあった。本当に楽しかった。

 

そしてスクールに通って早数年、趣味の世界でもそれなりに通ずるだけの技術を手に入れた。もちろんまだまだ修行は続くが、ある程度勉強してみてやっぱりこの趣味が大好きだと思えたし、「人生を捧げる」に近い感覚に近づいてきた。

 

 

そして何より、こうやって趣味を学べる環境を自分でつかみ取った自分の生き方に、少しだけ誇りが持てた。私はしがないアラサー独身で超ネガティブな方だが、自分の生き方にささやかな誇りを持てると、生きるのが少し楽になった。

 

 

要するに「公務員」をしながら地盤を固めたおかげで、「写真」をより深く学ぶことができた。自分の力で「写真」を学ぶ道を切り開いたことが嬉しかった。

 

 

「地元で公務員になって写真を続けた」10年より後の展望

当初の人生設計としては「お金を貯めながら技術の向上と実績づくり → 正社員から非正規雇用に移行し、Wワーク状態 → 定年後に趣味を本業とする」であった。

 

ただ、残念ながらコロナという非常事態に大きく翻弄され、予定より相当早く正社員を離れた。それでも、(自粛も相まって)ある程度の貯蓄を持った状態での離職であり、次の仕事に向かう前にスキルアップを図る余裕もある。

 

今はWEBデザインの勉強中であり、デザインは私の趣味と少しだけ関連がある。なのでデザイン関連で仕事を探すつもりだが、最悪の場合は医療の仕事に戻れば食いっぱぐれる心配はない。元記事の中でいう「セーフティーネット」、要するに「夢を追いかけて破れた人が食いっぱぐれないための制度」が、私にとっての医療技術職の免許である。

 

ここから先どうなるか分からないし、私の趣味はあくまで趣味的要素が強いものなので、本業にするには道のりは長い。成功するかも分からない。

 

それでも、趣味を全力で楽しみながらコツコツ歩いていくために、医療技術職を取って多少のキャリアを積んだことは遠回りでもなんでもなく、私の人生に必要なことだったと思う。

 

 

好きなことを追いかけて夢追い人になるか、堅実な人生を行くか。

「夢がない」と言われるかもしれない後者を選んで10年経ったが、今も楽しく夢を追いかけ続けることが出来ているので、よい選択だった。

 

 

〇あとがき

一個人の半生を偉そうに語ってしまった。

ここまで読んでくださった方、本当にありがとうございます。

 

◆◇◆日本ブログ村◆◇◆

一人暮らし

Webデザイン職業訓練6週目*ついにIllustrator

 

ありがたいことに、Webデザイン系の職業訓練の受講資格を得た。

6週目について振り返り。

 

*無いとは思うけれど、もし関係者にバレたら恥ずかしいので、事実が変わらない範囲で一部フェイクです。

 

 

今回通うコースの概要

・4ヶ月(月〜金、10:00〜16:00)

・HTML,CSS

・Photoshop,Illustrator

・Webマーケティング

・就労支援(面接対策、書類作成など)

 

JavaやPHPがないのが残念。

ちなみに学校のパソコンはWindows。

 

 

6週目の授業内容

HTML&CSS

デモサイトの作成。

簡易デザインカンプを見ながらコーディング。基本的には、教科書で作っているデモサイトの応用なので、少し調整すれば完成する程度。

 

時間が余ったのでレスポンシブも勝手に作ってみた。先週まで全く手も足も出なかったレスポンシブが、失敗と修正を重ねながらも一通り自分で作れたので非常に満足。嬉しい。

 

そして(まだ習ってない)ドロップダウンリストを勝手に組み入れようとして挫折した。CSSでやろうと思うと、relativeとabsoluteを使いこなさないと難しそう。

 

JQuentyが使えるようになれば簡単なのかな?やっぱりただのCSSだと出来ることの幅ってめっちゃ少ないと再認識した。カリキュラムにないので、コーディング本気でやるならJQuentyなりJavaScriptは独学せねば。

 

 

Photoshop&Illustrator

フォトショは終わり、ついに!ついについについに!!イラレの授業が始まりました!!!嬉し~~~~~~~~~~

 

パスというものをやっと習った。めちゃめちゃ難しくて楽しい。全然思い通りにならなくて楽しい。マスクしてるからばれてないと思うけどニッコニコで触っています。10年前からイラレというソフトに憧れていた人間なので、もうとっても嬉しい。

 

フォトショを習った段階でイラレも家で使える状態にはなっていたんだけれど、先々勝手に勉強するよりは基礎を叩き込んでもらおうと思ったので、あえて独学しなかった。でも、パス操作までは教えてもらったのでバリバリ遊びたい。

 

twitterで(私からしたら)謎の技術を紹介しているアカウントを見るのが最近の趣味なんだけども、真似してみたいのが沢山ある。トレースしたいチラシも沢山ある。やること山積みだ。

 

 

来週からの予定

イラレの基本操作を終えてから、ワイヤーフレームの作り方に進むらしい。先生としてはXDをおすすめしてたけど、「学校のカリキュラムには入ってないんですよね~頼んでみようかな~」と言っていた話はどうなったんだろう。

 

XDも基本だけ教えてくれたらあとは独学するから、ぜひともお願いしたい限り。

 

なお、うちの訓練校は、PC管理やらカリキュラム作成は運営校が行って(多分テキスト選定も)、講師にはそのカリキュラム通りの授業をお願いする形っぽい。

 

先生はよく「このページに書いてある技は…使いませんね!飛ばします!」とテキストにツッコミを入れながら進めている。その辺の塩梅を学べるのが独学との大きな違いなので、とても有難い。

 

ところでバナー作成とかいつやるんですかね?

 

 

第1週の記事はこちら

a-ataraxia.com

 

 

◆◇◆日本ブログ村◆◇◆

一人暮らし