なんとなくアタラクシア

平穏でなんでもない毎日の記録

賃貸のオーナー変更で困った話

 

賃貸ワンルームマンションを借りているが、この度オーナー変更があった。

これがまぁ大変というか杜撰な感じだったので、記録がてら書いておく。

 

 

 

前管理会社からオーナー変更のお知らせ

前の管理会社の人から、2月ぐらいに書面が来た。

「4月からオーナーが変わります。振込先が新しい管理会社から連絡くるはずです。今までありがとうございました」

 

特別何かお世話になった訳ではないが、普通に普通の対応をしてくれるいい会社だったと思う。

 

 

新しい管理会社から連絡がない

そして、新しい管理会社から連絡がこない。

家賃振り込み期限の一週間前まで待ってみたが、来ない。

 

最悪の場合に備えて調べてみたところ、振込先不明だった場合は裁判所に預けるという方法があると知る。おーけー。私の義務はちゃんと果たすぞ。

 

 

こちらから電話する

しかしまぁ仕方ないので、前の管理会社さんがご厚意で教えてくれていた次の管理会社をネット検索。それらしき会社のホームページを発見したが、そこに書いてある電話番号は誰も出ない。しばらくして謎の番号から折り返し。

 

普段は謎の番号は出ないが、今回は仕方なく出る。やっぱり新しい管理会社だった。

事の経緯を説明する。

 

「あー!そうですね!振込先をご連絡します」

完全に忘れてただろ。なんでやねん。

 

振込先口座を教えてもらう。

この時に、書面でオーナー変更と振込先変更のお知らせを送ってほしいと依頼した。(4月末)

 

 

一ヶ月半経って書面連絡

そして今日、その書面が届いた。

遅いねん。

 

管理会社とオーナー変わった旨の契約書で、私もサインして返送する必要がある。

これ、オーナー変更から二ヶ月も経ってから書くものなの?そうなの?

 

 

そして同封されていた請求書には、オーナー変更後の家賃全てが載せられている。

ここ二ヶ月の分はわざわざ電話して振込先確認して既に払ったよ。ちょっと。

 

振込証明書を印刷して一筆書いて送り返すという無駄な仕事が出来た。

 

 

今回の学び

①家賃の振込先が不明の時は、とりあえず裁判所に託すことが出来る

②振込証明書は大事

③ネット銀行だと必要になれば振込証明書印刷できて便利

 

 

ちなみに新オーナーは不動産会社で、管理会社を兼ねている。

会社といっても適当なことする人達もいるんだなぁと学んだ。

 

私、仕事まともに出来る方なんじゃないかと思ってしまう。まぁそういうことにしとこ。

 

 

◆◇◆日本ブログ村◆◇◆

一人暮らし