なんとなくアタラクシア

平穏でなんでもない毎日の記録

au通信障害とスマホ依存

 

本日、au回線が使用出来なくなったことが大きなニュースとなった。

 

私は格安simのmineoを使っているが、au回線を間借りしているタイプだったらしく、他人事かと思っていたらばっちり巻き込まれていた。

 

 

今日は冠婚葬祭系の大事なイベントがあり、行ったことがない場所に行く必要があった。非常に困る。なんと言っても私は自宅最寄駅から自宅まででスマホの地図を見て移動する方向音痴である。

 

 

幸い、お相手の方が非常に非常にびっくりするぐらい気の利く方で、事前にルートマップを写真付きで自作して送付してくれていたため、ことなきを得た。このことを予想していたんだろうか。あらゆる事態への事前対応が凄すぎる。

 

 

そして案の定、到着するまで回線は復帰せず、久しぶりに電車内でぼーっとしていた。

 

 

ところで、「スマホ依存」という言葉はSNSだったり動画だったりネットサーフィンだったり、使うのをやめたくてもやめられない、といった意味合いが大きいと思う。

 

しかし今回の出来事を経て、そもそももっと深いところでスマホに依存して生活していることに気づいた。

 

 

どこかに行くにも、誰かに連絡をとるにも、スマホが必須である。

出先で道に迷っても、調べることも、誰かに聞くこともできない。

 

サブスクの音楽も聴けない。

 

写真を撮ったはいいけど相手に送れない。

 

アプリのクーポン画面が開かない。

 

友達はスマートEX(帰りの新幹線の予約)がうんぬんと困っていた。

 

 

私も立派なスマホ依存、スマホがなければ何もできない。

 

 

いや〜、インフラ業の人には頭があがりませんな。

復旧作業、無理しない範囲で頑張ってください。

 

 

 

◆◇◆日本ブログ村◆◇◆

一人暮らし

小さな幸せのある暮らし